• システムマネージャーの役割

    システム開発には必ずマネージャーが用意されることが多いです。

    特別な交通費精算の情報を幅広く扱っているサイトです。

    規模によりますが1名から数名用意されることが多く、場合によってはハードウエア、ソフトウエアにそれぞれ複数割り当てられることもあるようです。システムマネージャーの役割は進捗管理と工程管理です。



    進捗については毎日確認される場合が多く、特にコーディングが始まるとチームごとのテスト突破製成績などがまとめられてることが多いようです。また、ハードウエアの場合は設計から設置までの期間が長いこともあり、ソフトウエアの管理に回ったり、他の部署の応援に回ることもあるようです。


    システム開発は計画通りいかないことが多く、遅延はどうしても避けられません。


    そのため、バッファ期間を設けている企業が多く、遅くなるのを見越して計画を建てるようになっています。



    それでも計画が遅延してしまう場合には人員の追加の処置が取られることが多いのですが、その際に必要となる情報が毎日のコーディングのススメ方と各マネージャーの意見です。

    人員はすぐに集まらないプロジェクトも多く、また、規模によってはコーディング規則、テスト規則を教育してから投入されることもあるので人員追加はとても難しい判断が取られるようです。
    そのため、毎日の進捗度のチェック、人員の体調管理などの各種情報から適切な対処がマネージャーには求められることが多いです。
    そのため、ベテランで人望がある開発員がつくことが多いようです。