• システム開発の標準化

    システム開発は各社で独自のノウハウで行っており、開発プロセスを標準化することによってプロジェクト間の人材のやりとりをスムーズに行う試みが進んでいます。

    システム開発の標準化は主に2つの観点で行なわれることが多いようです。

    交通費精算情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

    1つは見積もりや仕様書などのドキュメント類、もう1つはコーディング作法についてです。



    ドキュメントについてはプロジェクトごとに作成物が違わないことからテンプレートをうまく活用し、また、会社によってはプレゼン資料についてもテンプレート化するなど標準化が進んでいる分野です。

    また、コーディングについても各社で標準化が進んでいますが、こちらについては言語ごとの特徴を活かしながらの標準化が行なわれているようです。



    システム開発において特にコーディングの標準化は現場サイドで避けたいと考えている場合が多いようです。
    コーディングについては保守性の向上も狙えるために急いで行いたいと考える場合が多いようですが、人員の入れ替えが激しい場合や追加人員が入った際に標準化の教育が必要なこともあり、標準化は行うが現場に浸透していないということもよくあるようです。

    コーディング以外にもテストについても独自性を認めているプロジェクトが多く、バグの温床となり、また、こちらについても保守性が一気に下ることからテスト項目の標準化も急がれています。